読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

口下手な僕でも簡単にあの人に気持ちを伝えれた方法とは?

f:id:mrnegi:20170206190520j:plain

こんにちは。

「ダイエットするする詐欺」を始めて15か月のねぎです。

 

 

あなたは、大切なあの人にもっと気持ちを伝えたいと思ったことはありませんか?

 

僕はよくそんなことを考えていました。

 

両親や兄弟に感謝を。

好きな女の子に仲良くなりたいという気持ちを。

 

口下手な僕はなかなか、そんなコミュニケーションを取ることができません。

 

つい照れてしまって、言いたいことの逆のことを言ってしまって、ときには相手を傷つけることもたくさんありました。

 

でも、今ではどんどん大切な人に大切ということを伝えることができるようになってきました。

  

今回は、大切な人や、かわいいあの子と仲良くなって、ビジネスもプライベートもハッピーにしちゃうとっておきの方法をお伝えしたいと思います。

 

 「あのかわいい子ともっと話したいな・・・」

「ありがとうっていいたいだけなのに、なんで言えないんだろ・・・」

かわいいあの子と話すきっかけはあったのに、それからは話すことがなくなって困ってしまった。

会社の後輩に「ありがとう」って言いたいけど、照れて言えなかった。

 

そんなときに、僕を救ってくれたのが、今からお伝えする方法です。

 

これは、普通の人やおしゃべりな人にとって、直接「もっと話したい」「ありがとう」と言うより難しいことかもしれません。

ただ、僕のような口下手な人にはとても効果のある方法だと思います。

 

そんな口下手な僕でもできた、とっておきの方法、

 

それは・・・

 

 

 

サンクスカードです。

 

 

えっ?何それ?

 

 

サンクスカードとは、感謝の気持ちをメッセージカードに書いて相手に手渡すものです。

   

 

実は、口下手な人って、僕みたいに思い込みが強いと直接話すよりサッとメッセージカードを添える方がはるかに簡単なんです。

 


マジで!?

 

マジです!笑

 

 

で、なんでメッセージカードで感謝なの?

 

「俺はかわいいあの子と話したいだけなんだけど」

 

 

もちろん、そうですよね。笑

 

でも、あなたはかわいいあの子にいきなり

 

「彼氏いるの?」

 

とか

 

「ご飯行かない?」

 

とは話さないですよね?

もし、そうなら、あなたは口下手でかわいいあの子と話せないのではなく、デリカシーがなくて、h・・・

 

とにかく、どんな人とも気軽にお話するにはその前に人間関係を良くするというのが必要なわけです。

 

で、口下手なあなたにはサンクスカードがいいんです。

 

 

「いやいや、俺は口下手だけど、結構ハードル高いよ!」

 

 すいません、お伝えし忘れていました。

 

実は、一見ハードルが高いサンクスカードが簡単に渡せるようになる3つのステップがあります。

 

それをこれからお伝えします。

これができれば、あなたは自分でビックリするくらいの人気者になることができます。

 

この方法で、たくさんの人が人生を変えてきました。

もちろん、僕もその一人です。

 

あなたもぜひ、そんな人生が変わる一人になってください。

 

 

では、口下手な僕でも、簡単にあの人に気持ちを伝れた3ステップをお伝えします。

 

f:id:mrnegi:20170206173134j:plain

STEP1.伏せんに「ありがとう」と書く

まずは、「ありがとう」と一言だけ付せんに書いてパソコンやデスクにピタッと貼ってしまいましょう。

 

 

「え?これだけ?」

 

これだけです。

 

 

大したことないと思ったあなた。

この「ありがとう」と一言書かれた付せんがいかに効果絶大かまったく分かっていませんね。

 

多くの人は、ありがとうって言葉を直接伝えて感謝するんです。

 

ここがポイント。

 

つまり、誰も紙に書いて「ありがとう」は伝えないんですよね。

誰もやってないからこそ、もらった人はうれしいし、心に残るんです。

 

そんな相手をあなたは嫌いになれますか?

 

 

で、このとき、直接手渡せるなら手渡してください。

そうした方が仲良くなるのが早いです。

 

さらに応用編として、缶コーヒーやチョコレートなどのお菓子にメッセージを書いて付せんをつけてポンとデスクの上に置いておくと、ヤバいです。笑

 

僕なら、間違いなくそんなことしてくれた人のことが大好きになってしまいます。笑

 

STEP1のコツは、相手がなんとも思ってないことの方が相手の心に残ります。

 

「えっ?そんなことで感謝されるの?」

って。

 

大事なのは、なるべく毎日続けること。

これを積み重ねることで、間違いなく人生が好転します。

 

もちろん職場じゃなくても、どこでもいいので、まずは使えるところは使ってみる練習をしてみましょう。

 

f:id:mrnegi:20170206181104j:plain

STEP2.スペシャルな日用のメッセージカード

付せんでメッセージを伝えることができるようになったら、次はメッセージカードです。

特別な日に特別なメッセージカードはかなり破壊力があります。

 

メッセージに色を使ったり、イラストを加えてみるとGoodです。

 

「でも、手紙やプレゼントを渡す関係でもないし・・・」

 

ですよね。

でも、安心してください。

STEP1で付せんを渡せるようになってるあなたなら、これくらいは問題なく渡せるようになっています。

相手も、いきなりメッセージカードをもらってビックリするようなことはありません。

 

その人との距離がつかめなくて、引かれたらどうしようと思っていても大丈夫です。

今回も長い文章を書いて、手紙を渡すわけではありません。

 

さらっと一言添えてキレイ目なカードをチョイス。

直接渡すと、気持ちがより伝わっていいです。

 

どうしても、難しい場合は、直接じゃなくても、キーボードに挟んだり、デスクに置いてみましょう。

 

注意点は、恥ずかしいからと言って相手のデスクの中やカバンの中に忍びこませるのはやめましょう。

 

人間関係ができていないとドン引き間違いなしです。

 

f:id:mrnegi:20170206182529j:plain

STEP3.感謝のはがき

 いよいよ、最終STEPです。

 

STEP2までで、今までの人とはかなり仲のいい人間関係をつくれるはずです。

STEP3は初めての人と仲良くなる方法です。

 

ビジネスでは、初めて会った方とは大体名刺交換をするかと思います。

このときにいただいた名刺に載っている住所を使います。

お時間を取っていただいたことや、素敵なお時間をいただけたことなどの感謝の気持ちをはがきで送ります。

 

ポイントは手書きです。

なぜなら、その方がもらったときにはるかにうれしいからです。

 

印刷だと、一度作ったものを使いまわせるので、気持ちが伝わりませんし、多くのはがきの中の一枚になってしまいます。

 

手書きは、書くのに時間がかかりますので、それだけ自分との出会いを大切に思ってくれているということが伝わります。

 

出会いは最初の印象がとても大切です。

はがきで最高の出会いを演出してみるのは、人生を変えるきっかけになるのは間違いないです。

 

また、はがきともなると、手元に届いたら、お礼のメッセージをいただくことが多いです。

 

「素敵なはがきをありがとうございます!すごく嬉しいです!」

 

というものです。

 

どうですか?

 

はがき一枚で、自分のことを好きになってくれて、メッセージのやり取りや次に約束をすることができるかもしれないなら、やってみる価値はあるんではないでしょうか。

 

 

以上が口下手な僕でも簡単に気持ちを伝えれた3ステップです。

どうです?

簡単でしょう?

 

え?

筆を使ってはがきなんて書けない?

 

これはとっておきなんですが・・・

分かりました!

 

また筆を使った素敵な文字の書き方をこのブログでお伝えしますね。

 

字が汚いから関係ないと思っているあなた。

大丈夫です!

僕は筆を習ってたわけでも、もともとキレイに書けるわけでもありませんから。

 

どうやって、素敵な感じで筆文字が書けるようになったのかお伝えしますね。

 

この方法を使えば、一日で素敵な筆文字が書けるようになっちゃいますから。

 

 

準備をしますので、少々お待ちください。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝します。