読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分は最善を生きてるってこと

■後悔することだってある

「あの時あーすればよかったなぁ・・・」

「こうすればなぁ・・・」

そんな風に思ったことありませんか?

僕は何度もあります。後悔したこと。

今でも後悔することはたくさんあります。

 

昨日だってそうです。

今日は一日お休みだから、いっぱい勉強して、充実した1日を過ごそう!

って思ってました。

結果、ほぼ丸一日寝てました。

はい。

後悔やべぇっす。

でもね。

いいんですよ。

僕の「最善」だったんです。

 

どういうことかというと、前日に次の日は休みだからいつもより遅くまで起きてられるなって思ったんですよね。

そしたら、全然眠たくならなくて、起きてたんです。

で、結果丸一日寝てました。

 

起きて勉強しなければと思ったんですが、体は休みをほしがってたわけです。

仮に無理やり勉強してたら体調を壊してたかもしれません。

いや、こんだけ寝てしまうくらい体が休みを欲しがったんだからきっと壊してたに違いない。

だから、その時の僕にとっては寝ることがベストだったわけです。

 

でも、今の僕は違います。

前の日はしっかり睡眠をとって、万全の状態で休みを充実させる。

これが今の僕の最善です。

そう思えるから、あの時の僕はあれでよかったです。

でも、どういった時間の使い方をしたかったかというと寝ることではありません。

どうすれば自分がしたかった時間の使い方をできるのか考えて、次はやってみる。

昨日の自分より今日の自分が少しでも超えることができる。

だからいいんです。

 

人はだれでも今の最善を生きています。

 

何が伝えたいかというと、自分を赦してください。

いいことも悪いことも。

その時は最善だったんだから、その時の自分を赦してあげてください。

自分を大切にする。

 

そして、今日は昨日よりもハッピーになれるようにがんばりましょう。

だって、自分は幸せにならなきゃ。

つまらないことをずっと気にしすぎて、自分を責めないであげてください。

自分はなんてできないやつなんだと思えば本当にできなくなってしまいます。

 

自分を大好きになることが、人生を楽しむこと。

 

幸せになること。

そう僕は思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

起こったすべてのことに感謝します。

ありがとうございます。