結婚して1年、子ども産まれて5カ月の37歳男性がリストラされて分かったこと

f:id:mrnegi:20190214102538j:plain

先日、会社をクビになりました。

 

・結婚1年(半年後に結婚式予定)

・子どもが産まれて5カ月

・家を探し始めた

 

そんなタイミングでのリストラでした。

あっけない切られ方

社長との面談で一言。

 

「申し訳ない。雇用できない」

 

わずか3秒でした。

 

会社の全体会議(従業員10名程度)が頻繁にあり、かなり状況が悪いことは分かっていました。

 

倒産するんじゃないか。

いつ切られてもおかしくない。

 

社員の最近の話は主にそのことばかりだったので、特に驚くということはありません。

ちゃんと傾く会社には理由がある

社長のお金の使い方や方針転換、時間の使い方は、社員には理解しがたいことばかりでした。

 

・明らかに収支のバランスが取れてなくて、人もいないのに新事業を始める
・新しい事業に大金出してコンサルつける
・なのに、新しい事業は続いて3ヶ月
・経営が傾きだしたタイミングで1000万円以上のベンツ購入
・全く使わない情報商材を爆買い
・社長は事務所にほとんどおらず心理学や占いみたいなセミナーばかり
・社員全員にセミナーで学んだスピリチュアルなこと(気を送る的なやつを約1時間)をやらせる
・毎週行くセミナーは、実は社内の不倫相手とデート

 

とはいえ、社長は危機感ゼロ。

僕も会社がつぶれると困ります。

 

改善してほしいと約2年に渡って伝えた結果は、リストラでした。

リストラの理由

リストラの理由はもちろん資金繰りがうまくいってないから。

 

でも、それだけではないはず。
聞いてませんけど。

 

会社ではそんなにひどい働き方だったの?

と言われれば、そうかもしれません。

 

ずっと、社長にダメ出ししてきたようなもの。
結局は自分の態度が原因なのかなと思っています。

 

僕以外にも社員の半数以上がリストラになりました。

残ったのは圧倒的に利益をもたらしてる社員と文句を言わない社員のみ。

ぶっちゃけ切られてよかった

リストラ組でご飯に行きましたが、お通夜みたいな雰囲気…

にはならず、みんなスッキリした顔をしてました。


おそらく、辞めたいけど辞めれないという状況があったんだと思います。

 

残った社員とも仲がいいので連絡はきますが、かなり大変の様子。

行くも地獄、残るも地獄のようです。

 

不平不満を言いながら仕事をしたくないし、切られた僕たちにとっても、結局はよかったと思います。

とはいえ転職できるのか?

切られてよかったと強がってはみても、不安はもちろんあります。

なんせ、37歳のオッサンですから。

特にすんごいスキルも経験もありません。

 

無職のオッサンの味方ハローワーク

 がっつり職探ししてみました。

 

思ってたより、いい条件の求人がたくさんある!

 

 ん?


基本給がやたら低くてみなし残業手当がやたら高い。

土日祝が休みなのに、年間休日が少ない?

会社名で検索したら書いてるサービスがない…

 

なんか怪しい求人が多い気がする。

ハローワークの求人は信じすぎてはいけない

どうやらハローワークは、求人を出すのが無料だけあって、質もいいものから悪いものまでたくさんあるようです。

 

僕がみたような分かりやすいものだけではありません。

分かりにくいものあるらしいので、調べる必要がありますね。

 

せっかく検索条件をクリアした求人を調べたらブラックやん…

 

そんなことは当たり前にあるので、地道に探す根気強さが必要そうです。
(現在も絶賛求職中)

リストラされて分かったのは…

今回、会社が切っていくにあたって分かったのは次のこと

 

・会社は簡単に傾く

・悪くなる前兆は必ずあって、見て見ぬ振りをしてるだけ

・会社にとってだけでなく、社長にとってのマイナス人材も切られる

・愛人も切られる(笑)

ハローワークでちゃんとした職探しはかなり面倒

 

ちなみに、僕の嫁さんは同じ会社で産休中でしたが、一緒に切られました。

「ほんと、あんな会社はさっさと潰れてしまった方が社員のため」と、ここでは書かないでおきます。

 

さっさと転職しよ。

ビジネスの本質とは?

f:id:mrnegi:20170602190624j:plain

ビジネスとは何かを考える。


・ユーザーの悩みを取り除くこと
・相手を喜ばせること。
・社会課題の解決。

 

色々なことが考えられます。

 

では、ビジネスの始まりとは?
モノとモノとの交換。
果物と野菜だったり。
キレイな石と肉だったり。

つまり、物々交換です。
それがビジネスの最初。

物々交換は価値と価値の交換だと考えることができます。

物々交換にお金というものを使うようになりました。
なぜなら、モノは腐るかもしれないし、持ち運びが難しいものかもしれないからです。

 

お金という紙切れに将来的に価値になりますよということを約束したんです。
お札自体に価値があるわけではありません。

 

つまり、ビジネスの本質は価値と価値の交換。

 

アフィリエイトの場合、ユーザーは悩みの解決に対して、お金を支払う。
クライアントさんはユーザーの悩みを解決することでお金を得る。

 

では、アフィリエイターが相手に与える価値とは?

 

そもそも相手とは?

 

相手とは、ユーザーとクライアント(ASP含む)。


与える価値とはそのユーザーの問題解決とそれを実現する商品を結びつけることです。

それは、単なる知識ではありません。
知識は商品ページや知恵袋、検索エンジンを探せば、いくらでも見つかります。

では、何を提供してるのか?
アフィリエイターがユーザーに提供してるのは知恵です。
クライアントに提供してるのは質の高いユーザー。

知恵とは、その問題解決には、こういったことが効果的です、解決できますという情報です。

 

さらにこの商品を使ってこう使えばこんないいことがありますよ、簡単にできますよというベネフィット。

 

質のいいユーザーとは、その商品に価値を認めてくれて、買いたくなっている状態のユーザーのこと。

両方に一度に価値を提供できるから、アフィリエイトでは、普通のビジネスでは考えられないような報酬を受け取ることも可能になります。


その価値を提供できていない限り、もちろん報酬は発生しません。

 

だから、自分が価値を生み出せるとかんがえることができたなら、同様にお金はどんどん生み出せるようにる。


なぜなら、お金は価値だから。

 

で、ここでいう価値とはコンテンツのこと。


自分が生み出すコンテンツ=価値。

 

コンテンツは作れば作るほど、つぎのコンテンツの価値が高まっていきます。

それは、お客様の悩みは尽きないからです。


自分が解決できない問題に当たった時に、成長できる。

コンテンツを作り続けると、その壁を乗り越え、成長できる。

経験を積むことによって、どんどん質の高いものを生み出せるようになる。
すると、自分の価値が高くなっていき、高い価値を提供できる自分になれる。

価値ある自分であればお金は生み出すことはできる。

 

今の自分では無理と思うかもしれませんが、自分の価値を高めることでできるようになります。

 

最初は500円の価値でいいんです。
成長・進化する事で、何百万円、何千万円の価値を提供できる自分になれます。

 

勉強して、悩みを聞いて、考えて、アウトプットして、もっと勉強して・・・を繰り返せば、日々進化します。

 

今の自分のまま大きな価値を生み出そうというのは欲張り。
まずは、自己の成長・進化から。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝いたします。

セールスの最終目的は「躊躇無く商品を買ってもらうこと」

f:id:mrnegi:20170531231635j:plain


躊躇なくというのは、お客様に正しい情報をほしい時に必要なだけ提供して、お客様自身が100%の納得感を持って買ってもらう決断をすることです。
 
買わない理由をなくしてあげる。
 
ビジネスは価値と価値の交換。
 
だから、価値を感じてもらわなければ、交換は成立しません。
無理やり交換してもらおうとすると、どちらかが不幸になります。
 
まずは、お客様から選ばれる自分になる。
そして、自分が選ばれたいお客様から選ばれる自分になる。
 
つまり、ターゲットを誰にするのかが大切です。
誰でもいいわけではありません。
 
価値を感じてもらえる人に選ばれる。
価値を感じてもらえる人に売る。
売れる人に売る。
 
選ばれるために最高の条件を提供する。
 
セールスもマーケティングもコピーライティングもターゲティングに始まりターゲティングに終わる。
 
ターゲティングの段階で選ばれたい相手を明確にしておかないと、市場を取り間違えて全く必要としない人に売ろうとしてしまうことになります。
それでは全く売れません。
 
ターゲティングができていると、選ばれたい人、売れる人に会いに行けます。
だから最高のオファーさえできていれば、売れます。
最高のオファーができていないということはターゲティングができていないということだから、選ばれません。
 
つまり売れない。
 
 
得られる利益と避けられる損失について語りましょう。
 
これをすれば、こんないいことがありますよと伝える。
これをしないとこんなに怖いことがありますよと伝える。
 
それがベネフィットの提供。
 
恐怖と期待。
 
ただし、必ずお客様が幸せになるためのものでなければなりません。
 
セールスは売ることではなく、選ばれること。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。
あなたとのご縁に感謝します。

「なりたい自分」になるために

f:id:mrnegi:20170528173237j:plain

最近、僕は自分のやりたいように生きて最高の人生だったと思える人生を送る人になりたいと思うようになりました。

意外とこんな当たり前のことを考えれない人って多いですよね。
僕は比較的ポジティブというか、楽観的な人間なので「人生なんてなるようになるさ」くらいにしか考えていませんでした。

でも、例えばいつか海外旅行に行きたいなっていう人いてますよね。
だいたい行けないですね。
どうすれば行けるようになるのでしょうか。

もう一つ例を出します。
年に3回くらい旅行できるようにはなりたいと思ってる人はどうでしょうか。
こうなると、その人の人生は大きく変わると言えます。

なぜでしょうか。
そもそも年に3回も旅行いくとなるとそれなりにお金も必要だし、時間もとれるようにならなければ、行けません。

もし、お金や時間が理由でできていないなら、仕事ぶりが変わります。
昇給が必要になるし、もしかすると、職場を変えるという選択をするかもしれません。
そうなると、人生は大きく変わりますね。

だから、「どんな生き方をしたいのか」を自分が分かっているということはとても大切なんです。


どんな生き方をしたいのかを常に意識すれば、行動は明確に変わります。


今まで自分がしてきたことは変えられません。

 

でも、これからの自分は変えられる。

 

スタートが遅くなったとしても、集中して、真剣に熱心に日々できることを少しずつ変えていけば、必ず理想の自分と出会えます。


人は若い時には、選択肢がたくさんあって、その中から何を選べばいいのか分からないと迷います。
そして、なりたい自分が見つかった時には歳をとっていて、自分が何者にもなっていないと気づき、落ち込みます。


楽に生きようとすると、そんな人生になってしまう。

 

でも、気づいたときからがスタートです。
遅かったなんてことはありません。

気づいたなら、それはとてもラッキーなんです。

どんな人生になりたいと思うことがそんな人生になるためのスタートだから。

 

本当になりたい自分とは?

 

それは、まず「決める」というところかスタートです。


自分の人生はこうだと決める。

 

人の命を輝かせる人になると決める。
愛と勇気を与える人になると決める。
No.1マーケッターになると決める。
カリスマになると決める。

 

何にでもなれるのだから、自分で決める。
ふわふわしてる道を固めるには自分で決めるしかありません。

 

ゴールを決めたら、現在地からそこまでの行き方を考えて進む。

 

どんな道を進もうとも、目指すべきゴールにたどり着くのだから、間違いはありません。

多くの人が勘違いしてますが、人生は良くなるしかないんです。

 

でも、選択肢が多すぎて、人は迷います。

だから、人生理念が必要なんです。


自分の進むべき方向を教えてくれるから。

 

ビジネスでも同じですね。


お客様はどうなりたいのか知る。
現在地からゴールまでの道しるべになる価値ある情報を届ける。

間違った方向を示してないかの確認は経営理念で行う。
行動指針で行う。

お客様は道に迷う。
自分ももちろん迷う。


しんどくて、歩くのをやめたり、楽に見える道に行こうとする。

大切なお客様だから、大声でこっちだよと示してあげることが必要。

お客様を道に迷わせない。

価値ある情報を届け、ゴールに導くことが仕事の素晴らしいところ。

 

自分の行動は心に問うのではなく、在り方に問う。

心に問うと、その時の感情で決断が変わります。


強い人は心に問うのではなく、生き方に問います。

 

自分はどう生きたいのか。

つまり、理念・ビジョンに立ち返る。

 

なぜなら、それが自分の望む生き方だから。
自分の人生背景からきてる理念・ビジョンはブレません。

 

理念・ビジョンはどんな生き方をしたいのか、どんな在り方でいたいのか、どんな人間になりたいのか。


迷ったとき、悩んだ時は在り方に問うことで強くなれます。

 

でも、理念やビジョンが明確でないなら、なりたい自分になることはできません。

心動かす素晴らしいビジネスは生まれません。


スタートが不安や恐ればかりだとしても、ゴールが明確であれば、必ず素晴らしいサービスは生まれます。

 

あなたがなりたいあなたはどんなあなたですか?

たくさん自分に質問してみてください。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝します。

ビジネスは子育て

f:id:mrnegi:20170425000452j:plain

はたから見ると、子供を育てるのはつらく見えることも多いですよね。

でも、がんばれたり、楽しかったり、幸せを感じる。
 
なぜか。
 
それは愛情があるから。
 
わが子を愛しているから子育てはどんなに辛くてもがんばれます。
辛いことの一つがんばった先に幸せがあるんです。
 
ビジネスにおいても同じです。
人の悩みを調べたり、解決するのは辛いこともあります。
人間なので、この程度でいいかと考えてしまうこともあります。
 
ただ、どうやったら売れるかなとか、どうやったら稼げるのかという考えだけだと、その辛い壁は乗り越えることができません。
 
でも、愛があれば、その人の悩みに共感して、もっとその人のことを知りたい。
悩みを解決したいと思えるんです。
 
愛があるから、その人よりもがんばってその問題解決に取り組んで、解決策を見つけてそれを提供することができます。
 
だから、お金をもらえる。
 
お金をもらえるということはその人の問題解決に貢献できたということです。
もらえないということは、もらえるだけの価値を提供してないということです。
 
 
だから、お金をもらえることは正しいこと。
 
 
お客様以上にお客様の悩みに悩んだり、お客様の悩みをお客様以上に解決しようと思う気持ち、そこに楽しみを感じることができれば最強です。
 
お金のことを考えず、一心不乱にそのことに思考を巡らせ、行動することができれば、自分は自分の存在価値を感じれるし、お客様からの信用にもつながります。
 
ビジネスをする上で相手の悩み以上に相手の悩みに悩んだり、解決しようとするというのは、お金のためだけではがんばれないことが多いです。
 
それをするには相手に対する深い愛情が必要。
それは子育てに似ています。
 
だから、価値ある情報を届けて、相手の悩みを解決するまでには、愛情が必要で、子育てのように忍耐強く辛抱したあとにお客様も自分も喜べるものが待っています。
 
愛情は行動です。
どれだけ考えたのか、その考えをどれだけ行動に移したのか。
 
「そこまでするか!」というほど、悩みと解決策のリサーチを徹底的に行い、その解決策をお客様に提供することがビジネスでは大切です。
 
仕事をするすべてに人に少しでも伝わればと思います。
 
 
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

成長するには行動量が必要!行動を増やすためにすること

 

f:id:mrnegi:20170305143717j:plain

僕は情報をお客様に提供してお金をいただくビジネスをしています。

 

例えば、映画や本、音楽なんかも同じように情報を売っていると言えます。
僕がしていることとの違いはそのコンテンツをもってお客様を何かの明確な結果をもたらさなければ、報酬を得ることができないということです。

映画や音楽は観ている人、聴いている人に感動を与えます。
観ている人がダイエットを始めなければということを目的にしているわけではありません。

 

僕がしているビジネスは情報をお伝えして、そこに価値を感じてくれたから、商品を買うとか、サービスを使うことでお金をいただくものです。

つまり、自分が提供した情報でお客様がよりよい未来という結果に導くということ。

 

だから、それをしてお金をいただくとなると、かなり大変です。

まずは、お客様の悩みに対して感動させ、行動するまで導く必要があります。
そうなるには、それだけの価値を提供、情報の提供が必要です。

そういったことができるようになるためには成長が必要になります。

そして、成長には行動量が必要。

 

成長のための行動量を少しずつでも、増やし続ける工夫・仕組みを自分の中で作っていく必要があります。

自分を助けるのは自分。

自分に新たな力を与えてくれるのは他人。


自分が弱いと知ってるからこそ、どうなりたいのか強くイメージすることで、そんな自分になれるし、近づけます。
それが自分を助けるということ。

自分が何かをするときに、力がなければ、力を借りる必要があります。

そして、借りたら返す。
借りたものを返すためにはそれを返すためには自分が成長する必要があります。

貸した力はどんどん大きくなっていくんだということです。


自分が進化するために力を借りる。
借りたら、返す。
今度は力を貸す。
だから、大きな力を借りることができます。
人の力を借りれることも、自分の成長なのです。

このことを意識することは自分の成長を加速させます。

成長を加速させるには弱い自分を知ること。
さらに、周りにやりたいことを宣言します。

そして、周囲の期待などを自分の力にします。
人の力を借りることも自分の力です。
宣言して、力を借りたら、自分で止まることは難しくなってきます。

これが自分が行動量を増やし、成長する仕組みです。

行動し続けなければ成長はできません。

 

確かに行動がなければ、失敗はしません。

ただ、失敗しないということは、自分の今の能力でできることをしているということ。
だから、成長はありません。

行動量を増やすことで、失敗を増やし、失敗するからこそ、成長できます。

なので、僕も改めて、ここで宣言したいと思います。

「2017年は記事を50記事アップします。」

 

読んでくれているあなたがいるので、がんばれます。

そして、あなたの力を借りるので、少しでもいい記事が書けるように日々成長していきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝します。

 

誰かを幸せにすることが唯一の自分が幸せになる方法

f:id:mrnegi:20170302205350j:plain

人は誰かを喜ばすことで喜びを感じるいきものです。

赤ちゃんは生まれたときは泣いてますが、それは何かをしてというメッセージを伝えています。
お腹がすいたとか、おしっこして気持ち悪いとか。

でも、赤ちゃんってよく笑ってますよね?
泣くのと同じくらいたくさん。

あれはなぜかというと、楽しいから笑ってるんじゃないんです。
自分が笑うことで人が喜んでくれてるというのを知ってるから笑ってるんです。

自分の大好きなお父さんとお母さんに喜んでもらいたい、それが赤ちゃんの喜びなんです。
だから、赤ちゃんはよく笑うんですね。

では、大人になったら変わるのかというとそうではありません。

同じように人に喜んでもらうことで自分が喜べるんです。

それが、仕事です。

仕事とは「喜ばせ合い」です。
人に価値を提供して、喜んでもらう。
その対価をいただいて、喜ぶ。
価値と価値の交換です。

仕事をするって自分も相手も幸せになるためのものなんです。

僕の仕事はWEBサイトを作ってお客様へ商品を販売したりしています。
WEBを通して自分がお客様に提供している価値はなんだろうかと考えます。

僕はこの仕事を通して、お客様が喜ぶ価値ある情報を提供したいです。

そのために自分にできることはなんだろう。
まずは行動すること。

最初の一歩を踏み出すことはとても勇気がいることです。
でも、そうやってためらっているといつまでたっても価値ある情報を届けることはできません。

その最初の一歩を踏み出すことで大切なこととは、学ぶことです。
そして、それをアウトプットする。
それが最初の一歩です。

そのアウトプットができないということは、インプットが足りてないということです。
アウトプットできるものが少しでもあるなら、勇気を出して最初の一歩を踏み出しましょう。
人はアウトプットすることで学びが深まります。


注意しなければならないのは、学びだけで終わってしまうことです。
その学んだことを実践しなければ、まったく価値はありません。

100%喜ばせたいなら、まず10%人を喜ばせることにチャレンジする。
なにごとも最初からうまくいきません。

10%喜ばせることができたら、次は20%にチャレンジする。
その繰り返しが自分を成長させてくれます。

そうやって成長することで、さらに大きな価値を提供することができるようになります。


僕がしている仕事はWEBを通してお客様を価値ある未来へ導くことです。
価値ある未来へ導くこととは、お客様を教育するということです。

教育とは、お客様に価値ある情報を提供し、気づきを与えることです。
お客様自身がその情報に気づいたときによりよい未来に向かって舵を切ることができれば、本当に自分の喜びであり、幸せだなと思います。


ビジネス=人生。
自分の人生はもちろん、お客様の人生にも影響を与えるものです。

自分が与える影響はプラスにする必要があります。
そして、そのプラスの影響力が結果として返ってくるんです。

マイナスの影響力になると、必ずマイナスの結果が返ってきます。

自分が満たされたいなら、まず人を満たすこと、幸せにすることがビジネスの成功方法です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
あなたとのご縁に感謝します。