読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビジネスは子育て

f:id:mrnegi:20170425000452j:plain

はたから見ると、子供を育てるのはつらく見えることも多いですよね。

でも、がんばれたり、楽しかったり、幸せを感じる。
 
なぜか。
 
それは愛情があるから。
 
わが子を愛しているから子育てはどんなに辛くてもがんばれます。
辛いことの一つがんばった先に幸せがあるんです。
 
ビジネスにおいても同じです。
人の悩みを調べたり、解決するのは辛いこともあります。
人間なので、この程度でいいかと考えてしまうこともあります。
 
ただ、どうやったら売れるかなとか、どうやったら稼げるのかという考えだけだと、その辛い壁は乗り越えることができません。
 
でも、愛があれば、その人の悩みに共感して、もっとその人のことを知りたい。
悩みを解決したいと思えるんです。
 
愛があるから、その人よりもがんばってその問題解決に取り組んで、解決策を見つけてそれを提供することができます。
 
だから、お金をもらえる。
 
お金をもらえるということはその人の問題解決に貢献できたということです。
もらえないということは、もらえるだけの価値を提供してないということです。
 
 
だから、お金をもらえることは正しいこと。
 
 
お客様以上にお客様の悩みに悩んだり、お客様の悩みをお客様以上に解決しようと思う気持ち、そこに楽しみを感じることができれば最強です。
 
お金のことを考えず、一心不乱にそのことに思考を巡らせ、行動することができれば、自分は自分の存在価値を感じれるし、お客様からの信用にもつながります。
 
ビジネスをする上で相手の悩み以上に相手の悩みに悩んだり、解決しようとするというのは、お金のためだけではがんばれないことが多いです。
 
それをするには相手に対する深い愛情が必要。
それは子育てに似ています。
 
だから、価値ある情報を届けて、相手の悩みを解決するまでには、愛情が必要で、子育てのように忍耐強く辛抱したあとにお客様も自分も喜べるものが待っています。
 
愛情は行動です。
どれだけ考えたのか、その考えをどれだけ行動に移したのか。
 
「そこまでするか!」というほど、悩みと解決策のリサーチを徹底的に行い、その解決策をお客様に提供することがビジネスでは大切です。
 
仕事をするすべてに人に少しでも伝わればと思います。
 
 
今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。