読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かを幸せにすることが唯一の自分が幸せになる方法

f:id:mrnegi:20170302205350j:plain

人は誰かを喜ばすことで喜びを感じるいきものです。

赤ちゃんは生まれたときは泣いてますが、それは何かをしてというメッセージを伝えています。
お腹がすいたとか、おしっこして気持ち悪いとか。

でも、赤ちゃんってよく笑ってますよね?
泣くのと同じくらいたくさん。

あれはなぜかというと、楽しいから笑ってるんじゃないんです。
自分が笑うことで人が喜んでくれてるというのを知ってるから笑ってるんです。

自分の大好きなお父さんとお母さんに喜んでもらいたい、それが赤ちゃんの喜びなんです。
だから、赤ちゃんはよく笑うんですね。

では、大人になったら変わるのかというとそうではありません。

同じように人に喜んでもらうことで自分が喜べるんです。

それが、仕事です。

仕事とは「喜ばせ合い」です。
人に価値を提供して、喜んでもらう。
その対価をいただいて、喜ぶ。
価値と価値の交換です。

仕事をするって自分も相手も幸せになるためのものなんです。

僕の仕事はWEBサイトを作ってお客様へ商品を販売したりしています。
WEBを通して自分がお客様に提供している価値はなんだろうかと考えます。

僕はこの仕事を通して、お客様が喜ぶ価値ある情報を提供したいです。

そのために自分にできることはなんだろう。
まずは行動すること。

最初の一歩を踏み出すことはとても勇気がいることです。
でも、そうやってためらっているといつまでたっても価値ある情報を届けることはできません。

その最初の一歩を踏み出すことで大切なこととは、学ぶことです。
そして、それをアウトプットする。
それが最初の一歩です。

そのアウトプットができないということは、インプットが足りてないということです。
アウトプットできるものが少しでもあるなら、勇気を出して最初の一歩を踏み出しましょう。
人はアウトプットすることで学びが深まります。


注意しなければならないのは、学びだけで終わってしまうことです。
その学んだことを実践しなければ、まったく価値はありません。

100%喜ばせたいなら、まず10%人を喜ばせることにチャレンジする。
なにごとも最初からうまくいきません。

10%喜ばせることができたら、次は20%にチャレンジする。
その繰り返しが自分を成長させてくれます。

そうやって成長することで、さらに大きな価値を提供することができるようになります。


僕がしている仕事はWEBを通してお客様を価値ある未来へ導くことです。
価値ある未来へ導くこととは、お客様を教育するということです。

教育とは、お客様に価値ある情報を提供し、気づきを与えることです。
お客様自身がその情報に気づいたときによりよい未来に向かって舵を切ることができれば、本当に自分の喜びであり、幸せだなと思います。


ビジネス=人生。
自分の人生はもちろん、お客様の人生にも影響を与えるものです。

自分が与える影響はプラスにする必要があります。
そして、そのプラスの影響力が結果として返ってくるんです。

マイナスの影響力になると、必ずマイナスの結果が返ってきます。

自分が満たされたいなら、まず人を満たすこと、幸せにすることがビジネスの成功方法です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
あなたとのご縁に感謝します。