読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ご縁を大切に生きる【ご縁を大切にしてこなかったからこそ、気づけたこと】

学び

f:id:mrnegi:20161126003724j:plain

お久しぶりです。

最近、ダイエットしてはリバウンドしてを繰り返しているねぎです。

 

あなたは「なぜか自分の周りには付き合いの長い人があまりいない・・・」と不思議に思ったことはありませんか?

 

僕は、不思議に思っていました。

そんなに嫌われるような関わりをした記憶もないのに、他の人たちみたいに昔からの友達や仲間、恩師がいない。

 

それでも、楽しく生きてるし、特に気にしていませんでした。

 

でも、楽しく生きてるというのは勘違いでした。

実は、本当に人生を楽しむためには人とのご縁が、もっとも必要なことなんです。

 

今回は人とのご縁こそが自分の人生を豊かにするということをお伝えしたいと思います。

 

僕はほんの3年ほど前までご縁を大切に生きるなんてことは全く考えたこともありませんでした。

学生時代はもちろん、社会人になってからも、まったく気にして生きてませんでした。

 

それがなぜご縁を大切になんてことを思えるようになったのか。

それは・・・

 

周りから人がいなくなったから。

 

恥ずかしながら、学生時代からとにかく人付き合いが苦手でした。

小学生の時はよく友達と遊んだりしてたんですが、中学生から付き合い方が変わりました。

サッカー部だったんで、平日は学校や部活で仲良くしてるんです。

でも、休日は勉強してるからと面倒くさがって遊ぶことを拒否してました。

もちろん勉強はしてませんでした。

 

懲りずに友達は家まで誘いに来てくれてましたが、僕が家を出ることはありませんでした。

 

高校生になったらもっと遊ばなくなりました。

なぜなら、高校からバスケットボールにハマってしまったから。

平日も休日も常にバスケットボールをしました。

 

どうしてもできないときはアルバイトに励むという毎日でした。

大学に入ってからも生活はほとんど変わりませんでした。

もちろん、友達とは深くは付き合えませんでした。

 

そんな僕が社会人になってから、ふと違和感を感じたことがありました。

そういえば、同窓会がない。

結婚式もない。

 

そんな違和感に気づいてから、なにか自分の中にモヤモヤしたものが出てきました。

 

そんなモヤモヤを抱えていると、そのモヤモヤは少しずつ大きくなっていきました。

 

そのモヤモヤはとうとう自分に嘘をつけないくらいに大きくなって、ようやく気づきました。

 

「自分の周りには人がいない。」

 

親友と呼べる人間はいませんでした。

友達すら、自分が一方的に思ってるだけなのでは?と思いました。

 

自分はそんな人に嫌われる人ではないと自信がありました。

好かれる人でもなかったと気づきました。

 

ある日、久しぶりに大学時代の部活のキャプテンから連絡がありました。

当時はそんなに仲のいいメンバーではなかったんで、連絡がきたときは少しおどろきました。

 

ただ、連絡をもらえたのは嬉しかったんですよね。

自分は人に好かれるような人間ではないって信じ込んでたので。

 

そこから同期のメンバーで集まってお酒を飲みに行ったり、登山に行ったりしました。

大学時代の仲の悪さが不思議なくらい。笑

 

あるとき、ふと気づいたんですよね。

あれ?あのときのモヤモヤがなくなってる。

 

僕は特に誰と仲良く遊びに行ったりしなくても人生をめっちゃ楽しんでると思ってました。

 

でも、違ったんです。

もっと楽しく生きることができるんです。

何をして生きるかというのも重要ですけど、誰か共に楽しむかというのも重要だったんです。

 

自分が楽しいときは必ず誰かが一緒に笑ってくれてました。

仕事もプライベートも。

 

それなのに、周りに対して僕はなんて失礼な態度をとってきたんだろうと後悔しました。

 

自分の人生は自分だけで楽しめるものじゃない、多くのご縁に支えられているんだってこと。

それは当たり前ではありませんでした。

 

普通の人には当たり前のことかもしれません。

でも、僕にとっては当たり前のことではありませんでした。

 

それに気づけてから、ご縁を大切にするにはどうすればいいのかということを少しずつ考えていけるようになりました。

 

最近ではそんな僕にもだんだんと連絡してくれる人が増えてきたように感じます。

 

だから今、僕は本当の意味で人生が楽しいと感じています。

 

今の仕事も、今の会社に出会えたのも、ご縁を大切に生きようと決めてからこそ、つながったご縁です。

 

僕はこれから、もっともっとご縁を大切に生きていきたいと思います。

今、そんなことを思えるのも、大学時代に細々とつながっていたご縁のおかげです。

きっと誰にもそんな素敵なご縁を持っているんです。

 

ご縁を大切にしようとしてから少しずつですが、いろいろな事が良くなってきています。

もし、あなたが人生を楽しくないと感じていたり、大切にしたいなと思っているなら、少しずつでいいので、人との関わり方に目を向けていただければ、必ず人生は良くなります。

 

次回はこれからのご縁を大切にする方法をお伝えしたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

あなたとのご縁に感謝します。