読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なことは自分に聞こう

答えは自分が持っている

というより、答えは自分しか分からないという方が近いかもしれません。


まずは自分がどうしたいのかを明確にすることが大切です。そこからがスタートです。
なぜなら、そこが明確だからこそ、そこに向かっての一番いい方法を選ぶことが分かるのです。
明確でないのに、それがいい方法なのかそうでないのかなど分かりません。

それでは、どうすればどうしたいのか分かるのでしょうか?

答えは自分しか持ってない。

自分に聞けばいいのだ!
ってことですね。

他人がどんなにすばらしいことを言っていても、それが自分の正解とは限りません。

他人が
おぉ!
なんて声をあげてるのに、自分はいまいちピンとこないという経験をしたことはありませんか?

それは自分にとっての答えではないんです。
もしくは、答えか答えでないか分かるほど自分のことがよく分かっていないか。

後々になって、なるほど!
あの時言っていたのはこういうことか!
っていうのはよくあることです。

なかなか自分に聞くことってない

では、自分に聞くなんていつ聞けばいいのでしょうか?
それは毎日です。
毎日自分に質問するんです。

人は毎日、たくさんの情報をインプットします。
それまで知らなかった世界が見えたりします。
広い狭いに関わらず。

違う世界を知ることで、自分がどうしたいのかが変わることもあります。
だから自分に毎日問いかけます。
脳は問いかけたら必ず答えを返すようになっています。
心の声でいいんです。

自分は本当はどうしたいの?

自分に聞いてみてください。
この時、ちょっと気をつけてください。

この時の質問は否定的な質問より、肯定的な質問にしましょう。

なぜかというと、肯定的な質問には肯定的な答えが返ってきて、否定的な質問には否定的な答えが返ってくるからです。

例えば、こんなこともできないなんて、自分は本当にダメなやつだよね?
って質問すると、自分はこんなこともできないなんてダメなやつだって答えが返ってきます。

反対に、これはできなかったけど、この部分はできたから、次はできるよね?
って質問すると、自分はこの部分はできたし、次はできるって答えが返ってきます。

こんな感じで本当にしたい事が見つかるような質問を自分にじゃんじゃんしちゃいましょう。
したいことが見つかってもこの質問は続けましょう。
やっぱり自分はこれが大切なんだって自分に言い聞かせてるのと一緒だから、限りなく実現に近づきますよ。

今は放っておいても情報はどんどん湧き出てきます。
知ってることは力になりません。
考えることが力になります。
自分のしたいことから考えると、毎日がワクワクしたものになりますよ。

したい事を知る。
どうすればいいのか考える。
それだけです。
シンプルです。

考えて考えて考えていけば、考える力が身につき、気づいたら夢が叶ってる。
そんな人生にしちゃいましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
起こった全てのことに感謝します。ありがとうございます。