読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標を達成する

学び・心の栄養

■目標達成の状態

成功とは探し求めた目標の満足いく達成である(ノア・ウェブスター)

成功や目標という言葉に嫌感を覚える人はいませんか?

少し前の僕はそうでした。

成功なんて選ばれた人が手にするもの。

目標なんて意識が高い人だけが立てるもの。

そんな風に思っていました。

では成功って何だろう?

本当に成功したくないの?

そんな風にも考えました。

出てきた答えは

成功したい

でした。

僕にとっての成功って何だろう?

それは自分と周りの人が笑顔になることです。

それが自分の成功になりました。

すると、成功する必要が出てきました。

成功には目標を達成する必要があります。

成功はお金も必要だけど、お金だけじゃない。

そう考えたときにどうすれば成功できるのかを考えることができました。

 それは自分が目標を立て、それを達成する必要があるということを理解できました。

今まで目標って会社に与えられた無理なノルマと思ってました。

そうではなかったんです。

目標は与えられるものではなく、自分で決めるもの。

それを知って、自分が決める目標ってどんなものだろうって考えることができるようになりました。

そして、それは何を通して実現するのか腑に落とせるのも大切です。

周りにどう思われるかではありません。

自分が何を通して何をしたいのか見つけることができれば、それは幸せなことですね。

 

■目標設定

 成功はお金が儲かることだけに着目してしまいがちですが、他にも成功のジャンルはあります。

健康に関する成功。

人間関係に関する成功。

職業に関する成功。

お金に関する成功。

趣味や教養に関する成功。

 

お金を持っていても、寝たきりで成功と言えるでしょうか?

誰からも愛されない人は成功者と言えるでしょうか?

仕事をせずにお金を持っているだけで成功でしょうか?

趣味がなくお金の使い道が分からないのは成功でしょうか?

 

もちろん違いますね。

僕が決めた成功は自分と周りの人が笑顔になることです。

だから、どれも必要なんです。

一見お金だけ稼ぐよりはるかに難しいですね。

それは求めすぎではないのか?

という声が聞こえてきそうです。

 

でも、お金だけ稼ぐ方が難しいんです。

なぜかというと、寝たきりでお金を稼ぐのは簡単ですか?

誰からも嫌われていて、仕事が効果的にできますか?

趣味や教養がないのに新しいアイデアが出てきますか?

全てを満たそうとした方がはるかに成功に近づけます。

 

自分の成功は自分だけの幸せの為じゃない。

だから成功は正しい。

だから成功する必要がある。

だから目標を設定して、それを達成していく必要があるんです。

 

そして、その目標を下げないと決める。

下げて達成するとそれはそれで気持ちよくなれますが、そんなものは本当に望んだものではありません。

下げずにトライし続ける必要があります。

周りに公言しましょう。

助けてくれる人が現れます。

難しい事だってクリアしていけます。

だから、自分の成功とはなんなのか、どんな目標になるのか自分自身に対してしっかり聞きましょう。

 

■目標が必要な理由

目標が必要な理由をご存知ですか?

簡単に言うと自分のパフォーマンスを最大限に上げる為です。

陸上の短距離走と長距離走を考えると分かりやすいと思います。

100mの得意な選手は100m先にゴール(目標)があるから全力で走ることができます。

でも、42.195kmの距離を走ることはできません。

逆にフルマラソンの選手が100mを走っても、それほど早くは走れません。

その距離を最短時間で走りきるように訓練するからこそ、その目標に対して最高のパフォーマンスを出すことができるのです。

 

もし、距離を告げずにとにかく走れと言われたらどうなると思いますか?

僕はどちらかというと短距離タイプなので、そんなこと言われてもダッシュはもちろんしないし、途中で走るのをやめてしまうと思います。

 

僕が何を言いたいかというと、人生においても同じことが起きていませんかということです。

自分の人生どうなりたいかが分からないのに、そこに全力で取り組める人はいません。

目標がこうだと定まっているからこそ、全力になれるんです。

全力にならなければ、成功はありません。

なぜなら、人生における不安は全力で走る人には追い付けないからです。

 

しっかりとゴールを見据えて、全力で走りましょう。

そこには必ず求める未来が待っています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

起こった全てのことに感謝します。ありがとうございます。