読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分がしたいこと

■したいこと見つからない

シングルママさんから、こんな相談がありました。
 
「自分のしたい事が見つからないんです。」
 
そもそも仕事はやりたくないです。
生活のためにやってるんです。
 
今の生活をしてると生きてる理由が見つからないです。
夜のお仕事をしてるけど、若いから雇ってもらえると思ってます。
お昼の仕事もそれがしたいからしてる仕事じゃないです。
息子がいるから今はそのために頑張ることはできます。
 
いなかったら稼いだ分だけ使うようなひどい生活してると思います。
息子がブレーキであり、バネにもなってくれてるんです。
 
それにお昼に仕事をする事はお金のありがたみを教えてくれます。
お店にいけば大きいお金がもらえる。タクシー代ももらえる。
夜のお仕事をしてると金銭感覚がおかしくなってしまうので。
 
でも、そんな生活が続かないのは分かっています。
安定した生活がしたいんです。
 
息子が成人するまでは安定できる仕事がしたいです。
でも、そのために必要な資格や学校についてどうすればいいのか調べても、分からなくて夜は毎日不安になります。
 
そこから逃げるために朝までお酒を飲んでしまうこともあります。
 
この生活から抜け出したい。
仕事が好きになれない。
そんな悩みです。
 

抜け出すために

この人は本当に素敵な人なんですね。
親の借金を返したり、家族(親と祖母と子供)を海外旅行へ連れて行ったり。
今も子供のために全力でがんばってるママさんです。
 
そんなママさんが夜の仕事から抜け出すために必要なのは昼の仕事を好きになるってことです。
 
でも、これで多くの人が勘違いしてるんですね。
仕事を楽しんでいる人のほとんどは最初からその仕事が好きだったかというとそうではないってことです。
 

■最初にすること

 最初は会社や社会から必要とされることを行うことから始まります。
だから、自分がどんな生活をしたいのかということから考えてもいいんです。
 
「こんなライフスタイルができるのはどんな仕事だろう?」
この仕事ならできそうだな。」
この仕事をやってみよう。」
 
そうやって決めてもいいんです。
好きな仕事が見つからないというのは裏を返せば、どんな仕事もできるってことです。
 
そこから始めた仕事で必要とされる仕事をやってみる。
しんどいこと、嫌なことだってあります。
でも、やってみる。
そしたら、できなかったことができるようになる。
想像してなかった自分に会うことができる。
そしたら、仕事が嫌いじゃなくなる。
さらに仕事ができる自分になる。
仕事が好きになる。
会社や社会から頼まれる仕事が増える。
応えることができるようになる。
さらに仕事が好きになる。
やりたいことができる。
もっとできるようになりたいと思う。
必要とされること、できること、やりたいことが同じになっていく。
 

■好きになるために

好きになるためには努力が必要な時もあります。
仕事が好きになれない人は好きになれる努力をしてない人です。
仕事を好きになってないのに、仕事に愛される人になんかなれるはずがありません。
 
好きになれない人は逆なんです。
自分が好きな仕事は何かなんて探しても見つからないです。
その仕事の本当に楽しいことはもっと仕事のことを知らないと。
恋愛と一緒ですね。
その人のことを知って、興味を持って、もっと知りたいと思って、気づいたら好きになってたみたいな感じです。
 
お金や資格、学歴は背中を押してくれるかもしれませんが、決定打ではないですよ。
きっと仕事を好きな自分に出会えます。
がんばってください♪
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
起こった全てのことに感謝します。ありがとうございます。