読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが人生を語る

■またまた経営のお勉強です

今回の学びの場もとても面白いものでした。

みなさんは他人の人生をまじまじと1時間もお話を聞くことってありますか?

おそらくそんなことしたことないって人がほとんどではないでしょうか。

今回お話しさせていただくのは、そんな人の人生のお話を聞ける学び場です。

 

もしかしたら、他人の人生を聞くのなんてなんて退屈な時間だと思う方もおられるかもしれませんね、。僕も最初はそう思っていたので。笑

でも、人の人生を聞くことで多くの学びがあります。自分では到底経験しえないその人のオリジナル。自分とは違った角度から見た時の価値観の違いに触れることで、新しい価値観が生まれることもあります。

人は出会いでしか変われないと聞きますが、確かに人が変わるときは人との出会いによることがほとんどではないでしょうか。

そんなチャンスの一つのとして今回も参加させていただきました。

 

■ろくでもない人生からまともに生きる人生へ

さて、今回1時間ほど自分の人生を語ってくれたのは50代、男性の経営者です。

簡単に言うとかなり好き勝手に生きてきた人生と本人は語ります。

子供の時、喧嘩になってもそのときはひたすら頭を下げて、あとから襲う。高校を卒業しても、考えるのは金とSEXのことばかり。

まぁ、この辺り、男性は共感できるんじゃないでしょうか?笑(僕だけ?)

 

仕事はうまくいって、どんどん鼻が高くなるばかりです。

女性関係も子供ができて結婚するも外に愛人を作る。年に4回ハワイに行ったりと贅沢三昧。アメリカに移り住みながら贅沢な生活が続く。

そんな贅沢三昧の日々も取引先が倒産してしまい、借金を踏み倒して日本に帰国。

人にダメと言われてもなにがダメなのか?

そう思っていました。

そんなろくでもない人生。

 

■人生の転機

さて、そこから一念発起して起業します。

しかし、経営を勉強するも大赤字。

そんな、どん底のタイミングで人生の師に出会います。


なんだこのおっさんは!

すごい!

どうやったら、こうなれるんだ!


そう思いました。

師から学んだことは、なんでもまともにしないと、周りはまともにならないということ。


何からまともになればいい?

どうやったらまともになれる?


そんなことを習うために勉強中です。

 

 

さて、この人がろくでもない人生から学んだことはなんだったのでしょうか?

 

それは困っていたら助けてくれる人は必ずいるということ。

そして、今まではそれは自分の人徳だと信じてきたけど、そうじゃない。

その人の人徳に頼ってただけなんだということです。

世の中には偉そうなことを言っていても全然わかっていない人はたくさんいる。自分もそうだった。

謙虚に学ぶ必要があることに気づくことができたそうです。

 

そして、この方からのメッセージとしてはこれからでもできる。いつからでも遅くないということです。

現在借金8,000万円。必ず返すことを決めています。

 

■話を聞いて

僕はこの人の話を聞いてなかなかできる生き方じゃないな~と思いました。

ここでは詳しく書いていませんが、そこまで自己中心的に生きることがそもそもできない。

しかも、ピンチになったらそれを乗り越えることができるしたたかさもある。

だからこそ、今までの行いを良くないと考え、もっとまともの生きたい、もっと良くなりたいと考えることができたなら、この方の人生はこれからピカピカに光るものが待っていると思います。

借金を返し終わって5,000万円の自己資本を作るそうです。

そのとき、


65歳、青春真っ只中。


最高の人生が待っています。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!